2017年

2月

23日

「チームにゃわん」さんからのSOSです。

熊本県動物管理センターでは震災後の殺処分停止に伴い、チームにゃわんさん他、ボランティさん達が必死で猫たちの譲渡先を探し、救命率(譲渡率)は90%を超えていました

震災という不幸な出来事がきっかけではありますが、このまま譲渡に力を注げば、熊本県も近いうちに殺所分ゼロが見込めることろまで来ていました

 

そのような中、熊本県動物管理センターが昨年7,殺処分停止期間中にもかかわらず被災猫14匹を殺害していたことが発覚し新聞に報道されました。表向きは殺処分が止まっていると言っていました。

 

蒲島・熊本県知事の公約は殺処分ゼロ。しかし、このことについて知事は「委託会社が県に報告なしにやったこと」としながらもこの殺処分を正当化ています。(委託会社「熊本県弘済会」,年間委託費1億円)

そしてこのような不祥事があったにもかかわらず、県は再び殺処分再開を宣言。

 

ボランティアさん達の驚きと苦しみは想像を絶します。

 

少し問題がある(?)猫達は見せてもらえない。ボランティア立ち入り禁止部分に閉じ込められている猫たち。

 

本当に問題がある子達なのか?。

どんな子でも自分達なら治療したり人慣れさせたりできるのに・・

現に今まではどんな子もケアして送り出してきたのに・・・。

命をつなぐことができなくなった・・・

 

せっかく引き受け手がある子達です。

皆さんどうか助けてください。

 

チームにゃわんさんが このほど、知事に嘆願書を出されました。チームにゃわんさんはベテラン中のベテランさん達です。

嘆願書の3つのことを実行すれば、近々、熊本県も殺処分ゼロになるに違いありません。

 

全国の皆さん、熊本県がチームにゃわんさんの嘆願書を受け入れるよう、知事に声を届けてくださいませんか。(注意・・熊本市ではありません。熊本県です。熊本市は頑張ってくださっています。)

 

 

2017220

熊本県知事

蒲島郁夫 殿

チームにゃわん

代表 梅崎恵美子

嘆願書

 

殺処分ゼロを目指す熊本県知事の施策実現のために以下嘆願いたします。

熊本県動物管理センターにおける被災動物の秘密裡の殺処分事件に際して)

早急にご対応をお願いいたします。嘆願受け入れの可否を今月中にご回答くださるようお願いいたします。

 

1)   熊本県動物管理センターの殺処分を凍結してください。

理由 新聞報道及び知事が述べられたように、センターは県の方針に従わず被災動物の殺処分を勝手にしていました。殺処分回避の方法や協力の申し出も多方面から提示されている今、この事件をきちんと検証しないまま安易に殺処分を再開しないでください。

 

2)保健所及び、県動物管理センターに収容しているすべての動物の情報を写真付きで県のホームページ等で公開してください。

理由 県動物管理センターでは、人慣れしていない、世話できないなどの理由で猫を安易に殺処分しています。年間1円もの報酬が支払われている委託管理会社「熊本弘済会」は殺処分は専門でも、救命、保護、飼育については素人です。

特に今回被災猫が弘済会に殺処分されてしまいましたが、熊本弘済会が譲渡不可能だと判断するような猫も、殺処分ゼロを達成している神奈川県等ではボランテイアさんの協力のもとに最終的には個人宅に譲渡され問題は起きていません。私たちは震災後も200匹以上の様々な猫を譲渡しましたが、何の問題もおきていません。ボランティアや団体の協力があれば助かる命です。 障害や病気、人慣れなどの問題がある猫でも情報さえ公開すれば、例えば病院併設の団体などが引きとる等して、命がつながります。まずはすべての収容動物に譲渡のチャンスを与えてください。

 

3)個人ボランティアや譲渡団体を全国的に募ってください、

理由 環境省は自治体の枠を超えた広域的譲渡、民間との協力を推奨しています。県のホームページなどを通して全国に向けて発信してください。

 

(参考) 犬及び猫の引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置について

平成18年環境省告示第26号 最終改正:平成25年環境省告示第86

保管動物の飼養を希望する者の募集は近隣の都道府県知事等との連携を図りつつ できる限り広域的に行うように努めること。この際、保管動物に関する情報の提供に ついては、インターネット等の活用により広域的かつ迅速に行われるように努めること。

---------------------------------------------------------

もの言えぬ罪のない動物たちのために
どうかみなさまの声も届けてください
知事に、正しく理解していただかなくては、また安易に殺処分されてしまいます。
熊本県知事への直行便
https://www.pref.kumamoto.jp/chiji/entry/pub/AnsForm.aspx?c_id=6&entry_ins=1

熊本県知事室 秘書課
電話    096-333-2022
ファックス 096-385-2066
メール   hisyo@pref.kumamoto.lg.jp

 

 

 

熊本県の猫たちを100匹以上引き受けてこられた犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院さんの記事もご覧ください

 

http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5914.html

 

熊本県被災猫14匹七夕の悲劇

ボクたち14匹は七夕の日に殺された。

お問い合せ

動物ボランディア団体全国民間ネットワーク
全国動物ネットワーク事務局

茨城県つくば市(以下略)

 

〒305-8799

筑波学園支店どめ

 

TEL:090-6112-7179

FAX:029-851-5586

Mail:Fwin5675@nifty.com

リンク

ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
がんばっペット ~東日本大震災福島保護犬猫~
がんばっペット
アニマルファインダー
アニマルファインダー
被災したペットを探す飼い主になる
MSNペットサーチ
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com
緊急災害時動物救援本部
緊急災害時動物救援本部
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン!
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン!
SFアニマルポリス上映会情報
SFアニマルポリス上映会情報
動物実験/実験動物の自主管理状況と法整備に関する  公開アンケート 2012
動物実験/実験動物の自主管理状況と法整備に関する 公開アンケート 2012
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
福島被災保護動物リスト集
福島被災保護動物リスト集

翻訳協力

Ms. Yumiko Nakamura

Ms. Yoko Katsuyama

にゃん太郎