2016年

10月

03日

諏訪大社のカエルを刺し殺し「いけにえ」にする蛙狩り神事

生命を軽んじ弱者を虐待する世相だからこそ・・諏訪大社は「いけにえ」神事を自粛してください。

 

 

 

蛙狩神事は時代で大きな違いがあります。

 

http://yatsu-genjin.jp/suwataisya/sinji/kawazu.htm

 

そして平成27年、28年には協力団体様とともに諏訪大社に「いけにえ廃止」の要望や現地での抗議活動を展開いたしました。

その結果、本年、平成28年元旦の蛙狩り神事は、御手洗川のいつもの場所では行われませんでした。この記載によりますと、非公開で行われたとありますが、場所や方法などはっきりしたことはわかりません。

しかし、いつもの場所で行われなかったことは大きな進捗でした。残酷ないけにえ神事が廃止、または代用品使用による形態変換がなされるまで、私達はこれからも決して抗議活動をやめることはありません。

 

歴史を振り返りますと、神事や伝統行事も時代の変遷や国際感覚の浸透によって、存在そのものがなくなったり、形が変化したりしています。

生き物を使う「いけにえ」文化は、今や世界から消えようとしています。

 

文化人類学的に見ますと、「いけにえ」にされるのは、人間→大動物→小動物→魚類等→餅などの食物または絵馬や人形などの代用品 と変化してきました。

諏訪大社でも昔は人間を「いけにえ」にしていたという伝承があります。そして、鹿やイノシシ、ウサギが首を切り落とされたり串刺しにされたりして「いけにえ」となってきました。そして、今はカエルです。

今こそ、生き物から人形や絵馬などで代用する時を迎えているのです。

 

神社は氏子さんや崇敬者だけのものではありません。

諏訪大社は国や県などからあらゆる形で補助金を受けて維持されています。

国民皆の財産です。

 

多くの国民が 生き物を苦しめて殺す「いけにえ」に嫌悪感を持っています。

猟奇的な犯罪や無差別殺人、高齢者や障害のある人々への犯罪、無抵抗のこどもたちへの虐待等、生命を軽んじる世相だからこそ、諏訪大社には「いけにえ」を自粛していただきたいのです。

 

諏訪大社は生きたカエルを苦しめて刺し殺す「いけにえ」神事をやめてください。

人形は絵馬などの代用品を使ってください。

 

 

カエルくらいいいだろうと言われます。昔は人だった

お問い合せ

動物ボランディア団体全国民間ネットワーク
全国動物ネットワーク事務局

茨城県つくば市(以下略)

 

〒305-8799

筑波学園支店どめ

 

TEL:090-6112-7179

FAX:029-851-5586

Mail:Fwin5675@nifty.com

リンク

ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
がんばっペット ~東日本大震災福島保護犬猫~
がんばっペット
アニマルファインダー
アニマルファインダー
被災したペットを探す飼い主になる
MSNペットサーチ
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com
緊急災害時動物救援本部
緊急災害時動物救援本部
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン!
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン!
SFアニマルポリス上映会情報
SFアニマルポリス上映会情報
動物実験/実験動物の自主管理状況と法整備に関する  公開アンケート 2012
動物実験/実験動物の自主管理状況と法整備に関する 公開アンケート 2012
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
福島被災保護動物リスト集
福島被災保護動物リスト集

翻訳協力

Ms. Yumiko Nakamura

Ms. Yoko Katsuyama

にゃん太郎