法改正で野良猫の扱いはどう変わったか?

野良猫問題は、いまや行政が取り組むべき時代

 

 

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されましたが、私たちが扱っている野良猫たちの扱いがこれからどのように変わるのか。

 

 1.      愛護動物は「終生飼養」としてあります。これは明快です。

 

2.      愛護動物とは何か?猫もそこに明記されていますが、家猫、ノラ猫については明記されていません。しかし法律文を通読していくと「家」も「ノラ」も「猫」としてひと括りにしている事が読み取れます。例として別紙では「罰則」の条文をあげました。

 

行政の犬猫引取りについては、「生活環境の保全上の支障を防止するために必要と認められる場合については、引取りを求める事由、頻度及び頭数に応じて、飼養の継続及び生殖を不能にする不妊又は去勢その他の措置に関する必要な助言を行った上で引取りを行うこと」として原則として引き取りをする、が、これ以外は「引取りの拒否を行うように努める」とあります。

 

3.      「改正動物愛護法」ではノラ猫については今回の改正は中途半端であると考えます。「ノラを全て捕獲して殺処分する、」そして「ノラを全て捕獲して保育する」の両極端をあげてみると、前者は動物愛護ではなく後者は明らかに動物愛護です。そうなら、法律は後者にしなければならないはずでした。どちらを採用してもタダではなく費用は掛かります。税金を使うことに代りがなければ、後者に徹しなければならないはずでした。

 

4.      中途半端でも「改正動物愛護法」により、ノラ猫と関わることになるのですが、なにがどうできるのか?以下、あげてみました。

 

      ノラの猫は地域で生存しているなら、地域の猫、社会の猫である。社会の猫も愛護動物とするなら、行政は社会の猫を愛護動物として扱わなければならない。

 

      社会の猫は今まで、猫ボランティアが扱ってきたが。その作業の内訳はほとんど知られていない。項目をあげると以下である。

 

社会猫の動静把握、捕獲、動物医師への搬入、不妊手術・ワクチン摂取、処置後の猫を地域へ搬送、里親探し、広報活動、資金カンパの活動、会計等事務処理、等々。

 

      「改正動物愛護法」では、行政はノラの猫に主体的に積極的に取組まなければならないはずである。実際の取組みは、段階的に取組むこととして、

 

第一段階、 猫ボランティア活動の把握、地域の状況の把握並びに地域猫活動に対する広報。

 

     第二段階、 財政支援

 

第三段階  ####

 

 

 

 5.① 猫ボランティアの老齢化を行政はどう考えているのか?

 

行政は猫ボランティアの活動は私ごとではないと考えていたのであろう。

 

今まで、行政はノラ猫を猫ボランティアの活動に任せきりにして、その活動により猫の制御がなされてきた。ここにきて、ひとの社会での人口減、老齢化の進行、そして猫社会ではこれとは無関係に自然増、のかたちになっている。

 

そして、人口減、老齢化と共に、猫ボランティアの老齢化が急激に進行している。これは、これからは行政がノラの猫に主体的に積極的に取組まなければならない時期にきている、と考える。

 

   ② 猫ボランティアは里子に出せなかった猫たちを抱えている。大なり小なり、多頭飼育である。後期高齢者の猫ボランティアが、5年経てば「後期・後期高齢者」になる。いままで活動してきた猫ボランティアが突然の活動停止、この事態、このとき、どうするのか、どうなるのか。猫ボランティアの猫たちの救済を制度として考えなければならないのではないか?今まで、猫ボランティアを放置し過ぎてきた。そう考えるが、どうか。

 

      行政が猫ボランティアに寄りかかる、もう、そんなことをしてはならないと考えるが、どうか。

 

     

私たちは行政に対し何らかの形で意見を届けていきたいと考えています。今まではノラ猫は邪魔者としてきましたが、社会猫として認めさせ、猫ボランティアとしてその存在意義を認めさせ、地方自治体を参加させたいと考えています。

 

 

2013.10.11

 

 猫と友・地域猫(東久留米)      川井登志子 川井 満

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    岡 末美 (火曜日, 12 8月 2014 14:05)

    言われる通りだと思います。私も長年、飼い主のいない猫達の世話をしてきました。会社の近くにいた猫達は以前の社長の協力もあり、事務所で何匹も飼ってやったり、避妊手術に連れて行ったり、病気になった時や事故に遭った時は病院に連れて行き、また増やさない為に実費で避妊手術をさせたり、何匹かは、家に連れて帰り最後まできちんと見取ってきました。自分の生活費より猫にかかる費用の方が多いかも知れません。しかし、動物の嫌いな人達は、自分の都合でしか物を言いません。まるで、自分が法の番人であるかの様に、何ひとつしないくせに口だけは出す。世話をする人達がごみを増やし社会を乱しているみたいに! 自分だけ良ければいいという人間ばかりです。動物も人間と同じ、命があります。
    人間もただの動物の一種に過ぎません。
    近頃の猫や他の動物達の虐待のニュース

  • #2

    岡 末美 (火曜日, 12 8月 2014 14:23)

    途中で送信してしまいました。 近頃の動物虐待のニュースは聞くだけでも気分が悪くなります。このような虐待に対し、人間と同じくらいか、それ以上の、もっと厳しい法律を作るべきだと思います。 このようなことを見逃すから、だんだんエスカレートしていく人間が増えるのだと思います。
    行政は動物達を命あるものとして、きちんと守るべきです。予算がないといいながら、自分達の取り分だけしっかり取るのではなく。

  • #3

    緑川隆二 (土曜日, 20 6月 2015 23:46)

    ヨーロッパのある都市の猫はすべて行政が管理してるそうです。日本でもこれを実践してみたらいかがでしょうか。 野良猫のメスは強制的に避妊手術をさせ、飼い猫が妊娠、出産した場合行政に届ける義務を付けたらいかがでしょうか。

    生物を育てるということは管理する事です。管理する生物の害は管理者に行きます、これを理解してください。管理を外れるものが出ない事も管理者の責任です。当然糞尿被害の請求は管理者にいきます。

    ひとつだけ付け加えると猫にとっての一番の加害者は殺処分推進派ではなく無知、無責任な飼い主、地域住民です。

  • #4

    karueru (水曜日, 13 4月 2016 17:15)

    全文読ませていただきました。
    解釈として飛躍しすぎですし
    個人的な主観が入りまくりですわ。

  • #5

    フリスク (土曜日, 05 11月 2016)

    地域の猫?
    社会の猫?

    意味が分かりません。

    このような得体の知れぬ個人活動家が、かえって事態をややこしくしている。

    そりゃあ行政も相手にしないですよ。

  • #6

    何言ってんだか (日曜日, 27 11月 2016 01:07)

    勝手に世話して行政に引き取れとは手前勝手が過ぎる。
    口の世話をするなら、下の世話もするのか? 猫を躾け定められた場所に排便排尿させるか、朝から夜まで猫の後をつけ、出したものをすべて回収、処分するようになってから自己主張すべきでしょう。そうでなければ傍迷惑。

  • #7

    収拾がつかない (土曜日, 14 1月 2017 13:06)

    猫も狂犬病にかかりますが、狂犬病を発症した猫に噛まれた人が狂犬病を発症した場合、誰が責任を取ってくれるんでしょうか。現在の日本国内では狂犬病の発症例はないのですが、海外との交流が増えるているので、感染や発症の可能性は高くなっていると思います。こうした問題への対応はどうお考えなのでしょうか。
     次に、野良猫は公園の砂場などに糞をする事が多いです。公園の砂場は子供達が遊ぶために設置してあるのであり、猫の排泄のためではありません。結果的に砂場で遊ぶ子供が寄生虫に感染する可能性が高いわけですが、そうなった場合には誰がどう責任をとるのでしょうか。
     地域で云々ということですが、カラスや鳩などの鳥類も対象なのでしょうか。ドブネズミもということですか。蚊や蠅も該当しそうですが、どう対応するべきだとお考えなのですか。
     鳥インフルや狂牛病で鶏や牛が殺処分されていますが、こうした問題にはどう対応するべきだとお考えなのでしょうか。

  • #8

    大前美恵子 (火曜日, 15 8月 2017 15:33)

    私家の近所の人も餌を与えず餓死させたらいいと言う人がいます 何も知らず文句だけを言う人もいます ただ私が感じることは 猫は驚異的な繫殖力があり何もせず放置していたら大変なことになるだろうということです現に近所で1匹の猫が昨年3匹今年3匹子供を生んでいますそしてもう1匹の猫が今年3匹生んでいます約1年で2匹の猫から9匹生まれています あれこれ考えばかりをめぐらしている場合ではありませんその間にもどんどん増え続けます 現実的に考えるならとりあえず避妊手術をしこれ以上増やさないことだと思います 皆さんにも避妊手術の大切さを認識して頂きたい

お問い合せ

動物ボランディア団体全国民間ネットワーク
全国動物ネットワーク事務局

茨城県つくば市(以下略)

 

〒305-8799

筑波学園支店どめ

 

TEL:090-6112-7179

FAX:029-851-5586

Mail:Fwin5675@nifty.com

リンク

ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
がんばっペット ~東日本大震災福島保護犬猫~
がんばっペット
アニマルファインダー
アニマルファインダー
被災したペットを探す飼い主になる
MSNペットサーチ
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com
緊急災害時動物救援本部
緊急災害時動物救援本部
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン!
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン!
SFアニマルポリス上映会情報
SFアニマルポリス上映会情報
動物実験/実験動物の自主管理状況と法整備に関する  公開アンケート 2012
動物実験/実験動物の自主管理状況と法整備に関する 公開アンケート 2012
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
福島被災保護動物リスト集
福島被災保護動物リスト集

翻訳協力

Ms. Yumiko Nakamura

Ms. Yoko Katsuyama

にゃん太郎